今日は、「未病の日」です

未病とは?

健康と病気の間を指す概念のことを「未病」といいます。病気に至る前、運動や食事など生活習慣を気をつけることで、自分で病気を防ぐという考え方ですが、貝原益軒という人が江戸時代に「養生訓」で、医者に頼らず自分で養生することを提唱しています。その考え方は現代の未病に通じるものがあります。

頑張っているのは、自分。
頑張りすぎているのも、自分。
自分自身をもっと大切にしてほしい、と感じることが多いです。

頑張っている自分のことを「頑張っている」と認めてあげてほしいのです。
そして、10分でも20分でも「何も考えない」時間を持ちましょう。

時間に追われて生きるスピードが速くなってしまっている私たち。
テレビ、スマホ、PCといった時間を奪うツールから距離を取ることも大切です。

”未だ病ではあらず”=”未病”

未病の段階でからだをケアして、病気を予防しましょう。
まだ病気になる前だからこそ、自分で身体を守ることができます。未病を対処できるのは、医者ではなくわたしたち自身なのです。

わたしのおすすめは、早寝早起き。睡眠時間は7時間。
ご飯は、おなかが空いたら食べましょう。空腹感を味わうことも大切です。
からだもほど良く動かしましょう。一日30分ほどのウォーキングで十分です。

わたし自身、実行できているのは、早寝早起きくらいです^^;
ゆるーく、実践していきたいと思います。

1986年長崎生まれ。はり師・きゅう師。健康寿命をのばすためのサポートがしたいという想いを抱いて2016年6月に鍼灸院を開業。治療をするかたわら、鍼灸専門学校での教員経験を活かしてお灸教室を開催中。